1924(大正 13) 花岡謙二、長崎村字北新井(現豊島区要町一丁目)に培風寮を開業。貧乏画家・三文文士ら巣食う。周辺に竹薮多く「すずめヶ丘」と呼ぶ。
1926(大正 15) 長崎村は長崎町となる。池袋生え抜きの画家佐藤英男、落合に佐伯祐三を訪ねる。里見勝蔵を紹介され弟子となり、以後、独立美術協会に所属して池袋モンパルナス発展に貢献。里見勝蔵ら1930年協会結成、第一回展開催。
1927(昭和 02) 長谷川利行、二科樗牛賞受賞。第二回1930年協会展、井上長三郎・靉光らの協会賞受賞。
1928(昭和 03) 奈良慶、養子次雄のためにアトリエ付住宅を建てる。アトリエ村の始まり。
1929(昭和 04) 小熊秀雄、長崎町西向いに住む。井上長三郎・鶴岡政男ら後の池袋モンパルナスの猛者、太平洋画会研究所でストライキ。
1930(昭和 05)

斉藤求、西口の挿絵画家森田久のアトリエ付貸家に住む。西口板橋寄りに独立美術協会の研究所開設。

1931(昭和 06) 奈良慶、アトリエ付貸家を逐次建設。近辺の人これに続く。「すずめヶ丘」のアトリエと呼ばれ、上野山清貢・長沢節らが住む。靉光、培風寮に住み、極貧の中で苦闘。第一回独立美術協会展開催。井上長三郎ら独立賞、大野五郎らO氏賞を受賞。福沢一郎帰国。
1932(昭和 07) 熊谷守一、千早町に住む。松本竣介ら赤荳会結成「すずめヶ丘」に共同アトリエを持つ。竹谷富士雄・鳥居敏文パリへ。巣鴨・西巣鴨・長崎・高田の四町で豊島区誕生。
1933(昭和 08) 寺田政明、長崎仲町に住み、小熊秀雄を知る。
1934(昭和 09) 池袋西口に酒房「梯梧」開店。長谷川利行・浦久保義信・寺田政明・大野五郎・小熊秀雄らが出入りする。
1935(昭和 10) 西口の音楽喫茶「セルバン」に松本竣介・船越保武・小熊秀雄・古沢岩美ら通 う。
1936(昭和 11) 麻生三郎・柿手春三・寺田政明・吉井忠ら「エコル・ド・東京」結成。初見六蔵、長崎二丁目に大規模アトリエ村「桜ヶ丘パルテノン」を建て始め、美術学校生を中心に賑わう。寺田政明・吉井忠・麻生三郎ら「前え」展開催。佐藤英男ら西口にクロッキー研究所開設。池袋美術家クラブ設立。松本竣介「雑記帳」創刊、小熊秀雄・難波田龍起・靉光・長谷川利行・寺田政明ら随筆・素描を寄稿。吉井忠渡仏。池袋美術家クラブ展開催。
1937(昭和 12) エコル・ド・東京展開催。コテイで長谷川利行洋画小品展。野田英夫、長崎東町の貸アトリエに入居。
1938(昭和 13) 寺田政明・吉井忠・古沢岩美らシュルレアリストの「長崎派」、創紀美術協会結成。麻生三郎・井上長三郎渡欧。
1939(昭和 14) 野田英夫死亡。シュルレアリスト福沢一郎、美術文化協会設立。寺田政明・古沢岩美・吉井忠ら「長崎派」大挙して参加。
1940(昭和 15) 美術文化協会第一回展。長谷川利行死去。小熊秀雄死去。
1941(昭和 16) 福沢一郎・滝口修造逮捕される。小熊秀雄遺作展開催。発起人に熊谷守一・北川民次・寺田政明ら。
1943(昭和 18) 松本竣介・井上長三郎・靉光・寺田政明・麻生三郎・糸園和三郎・大野五郎・鶴岡政男、戦争画と無縁の新人画会展開催。
1944(昭和 19) 靉光応召。(1946年戦病死)
1945(昭和 20) 疎開する者多く、画家村の風情薄れる。空襲で長崎アトリエ村を残して池袋モンパスルナス廃墟と化す。
1990(平成 02) 宇佐美承著「池袋モンパルナス」集英社より刊行。
1995(平成 07) 市立小樽文学館・市立小樽美術館「小熊秀雄と池袋モンパルナス展」開催。
1997(平成 09) ギャラリーいがらし「池袋モンパルナス展(1)」開催。劇団銅鑼「池袋モンパルナス」公演。
1999(平成 11) 池袋モンパルナスの会発足。
2000(平成 12) 練馬区立美術館「池袋モンパルナス展」開催。
2003(平成 15) NHK新日曜美術館「池袋モンパルナス(自由を求めた青春群像)」放映。
2004(平成 16) 「池袋モンパルナスそぞろ歩き」発刊。監修・尾崎真人、発行・池袋モンパルナスの会。
2005(平成 17) ギャラリーいがらし「池袋モンパルナス展(5)」開催。
(以上、市立小樽文学館・市立小樽美術館編「小熊秀雄と池袋モンパルナス展」目録、集英社刊・宇佐美承著「池袋モンパルナス」、豊島区立郷土資料館編「長崎アトリエ村史料」、その他より)



Copyright © 2005 SHIINAMACHI.COM All rights reserved.